自律神経失調症の体験談

自律神経失調症の症状は様々あります。そして、治療法もいろいろなものがあると思います。

じゃあ、みんなはどうやって治療をしているのか?または、どんな対策をしているのか?
というようなちょっと気になる改善策なんかもどしどし集まってきてもらいたいと思ってます。

だって、やっぱり同じ病気で悩んでいる人がどのような症状で
どのような治療が効果があったのかって気になりますもんね。

もしかしたら、その治療を試す事で自分の症状が治る事だってあるかもしれません。
確率は少ないかもしれませんがゼロではないと思います。

といっても、まずは病院なんかでしっかりと診察してもらってから、というのが基本です。
なので勝手に自分で診断をし、自分で治療するのは危険かもしれないので注意して頂ければ幸いです。


男性男性の体験談
風邪薬を飲んでもだめ、病院での診断は自律神経失調症(40代)
めまいで耳鼻科に行くと自律神経失調症と診断された(30代)
ある日突然感情が消えうせたような感覚に…(20代)
新しい環境と思春期が重なり起立性調節障害も(20代)
自律神経失調症からくる過敏性腸症候群の悩み(40代)
初めは喉が詰まったような違和感から病院(40代)
子供の頃の家庭環境の悪さが極度のストレスに(30代)
立ちくらみがひどい!漢方薬を飲んで・・・(40代)

女性女性の体験談

中学校の頃に自律神経失調症と言われたことが・・・(40代)
16年前に、自律神経失調症になりました。(30代)
20代の頃から自律神経失調症で通院しています。(40代)
自律神経失調症という言葉を知ったのは(40代)
不規則な研究生活と就活でのストレスで自律神経失調症に(30代)
妊娠中は不安が増え自律神経失調症の症状も悪化して・・・(30代)
自律神経失調症で不眠症、めまい、時には気絶もあり病院へ(50代)
抗うつ剤と漢方薬で少し落ち着いても完治は難しい(20代)
突然の激しい動悸から食欲不振・イライラ症状・・・(20代)
間違ったうつ病診断で薬も効果なし、病気で離婚も(40代)
環境変化とストレスから10年後に2度目の発症(30代)
不眠・発汗・動悸など更年期障害のような状態(30代)
休みたいのに休めない状況を変えることで改善に(20代)
薬でなかなか改善せず針灸院で病名判明(40代)
ストレスを認めて自分の心と向き合う(30代)
パニック発作で死の恐怖に襲われる事が度々(50代)
頭痛・吐き気・食欲不振・・・入院で救われる(50代)



根本の改善を目指すのが一番良いのかなぁ・・・

ここからは私の考えなので参考までに見ていただけたらと思うのです。

というのも、どんな病気にしても言えると思うのですが、
根本からの改善をする必要があると思っています。

たとえばですが、ある病気になったとして、ほとんどの場合は薬での治療がメインになるでしょう。

たしかに薬を服用しているときは一時的に効果があるとは思います。
でも、生活習慣なんかを変えないことには、また同じように再発する事が多々あるんです。
実際に私もありました。

なので、まずは薬で症状を抑える事は重要です。
でも、その後、しっかりと根本からの改善を探して、
病気になりにくい体を作る事も大事になると私は思います。

誰だってそうだと思うのですが、ずっと薬を飲み続けるのってお金も必要になりますし、
なんか健康的にもけっして最良の策だとは思えませんからね。

今では、ネットがあるのでいろいろな情報が調べれるので、
自力で自律神経失調症を改善するための情報なんかもあります。
たとえばこんなサイトとか⇒ http://自律神経失調症治し方.jp/ ほかにもいろんなサイトがあります。

たしかに、すべてが全て効果的とは言えないでしょうが、
効果があるかないかは、試してみないとわかりませんもんね。

というわけでこんな私の勝手な意見ではありましたが、すこしでも参考になれば幸いです。