ある日突然感情が消えうせたような感覚に…

男性20代 -のあさん


私は夕勤の仕事をしており普段は夜型なのですが、友人と昼に出かけるなど
予定があるとどうしても生活リズムが狂うことがありました。
その上食事の好き嫌いが激しく、間食も多い…打たれ弱い性格で、
つい自分を責めてしまいがちなタイプです。

そんな私が仕事やプライベートで嫌なことが続き、強いストレスを感じていた頃。
毎日些細なことにイライラしていたのですが、ある日突然、
ふっと感情が全て消え失せたような感覚がしました。


楽しいことを楽しいと感じられないだけではなく、怒りや悲しみといった感情も
どこかに忘れてしまったようで、何も感じない機械のようになってしまいました。
それからは集中力が落ち、仕事のミスも急増。
考えたり動いたりするのが遅くなり、どんなに寝ても眠気がおさまりません。

行動だけでなく精神的にもかなり蝕まれていました。
感情は少しずつ取り戻していったのですが、何かが起きたわけでもないの
にひたすら不安感や恐怖心を感じるように。


それから自己嫌悪も激しくなり、どんなに優しくされても
自分の周りの全ての人から嫌われていると思い込んでしまう…。

うつ病も疑ったのですが、自分なりに調べた結果はどう考えても自律神経失調症でした。
病院に行くことも考えましたが、病院慣れしていない私にとって
精神科や心療内科というものは非常にハードルが高いのです。

ましてやこんなにネガティブな状態ではなかなか腰が重く…
未だに受診には至っていません。


映画を見たりゲーム、読書などで心を大きく揺さぶることで、
少しずつポジティブな感情は取り戻せました。
ものづくりなど能動的な娯楽は手が出にくいですが、
映画などはぼーっと見るだけでもいいのでとても楽です。

前に比べると症状は少し軽くなっていますが、発症前に比べると、
やはりネガティブな考えに陥りやすく油断は禁物といった感じがします。
今後も生活改善とストレス解消を続け、もう少し自然回復を目指してみようと思います。



←《前の体験談》めまいで耳鼻科に行くと自律神経失調症と診断された