16年前に、自律神経失調症になりました。

女性30代 - みつばちさん

16年前に、自律神経失調症になりました。

初めて、就職した会社でいじめに合い会社に行くのがとても辛い日々が何カ月も続きました。
最初は、朝起きると食欲ないから始まりました。それでも会社には出勤をしました。
仕事が終わるとすぐ帰宅と、あまり会社にいないようにしました。

数か月たち、休日も仕事のことを考えるようになり、
寝込むような休日ばかりなってしまいました。
会社の近くの駅に着くと、仕事に行きたくなくなり
「腹痛で休みます。」と言い休むようになりました。
体力に限界が来たので病院へ行きました。
内科に受診をしたのですが、異常ありませんと言われました。

どこの内科に行っても異常ないと言うので、どうしたらいいのか分からなくなりました。
不安が重なる一方だったので、心療内科に受診することにしました。
すると先生から「自律神経失調症でしょう。」と診断されました。
とにかく、仕事を休んでゆっくりした生活を送って下さいと言われました。
薬などは処方はありませんでした。

3カ月間、ひきこもり状態で家から一歩も出ない日々を過ごしていました。
それを友達に話しをしたら「一緒に旅行行こう。」と誘ってくれました。
友達と旅行へ行き、話しを聞いてくれて気持ちが少しですが、スッキリしました。

それから、少しずつ就職に向けて活動するようになり、
自律神経失調症から抜け出すことができました。

友達に話すことによて、症状が改善できたと思ってます。
友達には凄く感謝してます。


←《前の体験談》中学校の頃に自律神経失調症と言われたことが…