立ちくらみがひどい!漢方薬を飲んで・・・

男性40代 -TOMOさん


汗は眠っている間にシーツがびっしょりと濡れるくらいかいて、
夜中に体を拭いて、下着からパジャマまで着替えなければなりません。
特に暑いといった感覚がない夜に起こるので、予想もできませんし、
汗をかいた夜が特に暑かったということもなく、予想できないのが困ったところです。

夜中に目が覚めて体をウェットシートで拭いて、下着も着替えるのですが、
そうこうしていると、目が覚めてしまって、今度は眠れなくなって困ってしまいます。

外出していても、それほど暑い日ではないのに、顔から汗がだらだらと流れ出てきて、
ハンカチで汗を抑えないと、鼻の頭から汗のしずくが垂れてしまうくらい汗をかくのです。
ですから、ハンカチとあぶら取り紙は必ず必要なもので、
外出するときには必ず持参して行くことにしています。


それに、私の自律神経失調症は立ちくらみに大きく現れて、病院に行って
心電図をとったり、心臓のエコーをとったり、脳波の検査をしたりしましたが、
原因がわからず、立ちくらみの症状は改善しないままで、困っています。

私の場合は、座っていても立ちくらみのように、頭から血の気が引いて行く感じがして、
ときには立ち上がったときに気絶してしまうこともあって、
とても気持ちが悪い状態が頻繁に起こります。
外出しているときには、比較的立ちくらみは治まっているのですが、
家に居るときには、しょっちゅう立ちくらみが起こって困っています。


病院の先生に相談したりしていますが、自律神経失調症ということで、
これといって治療の方法がないということでした。
しばらく漢方薬を飲んでいましたが、漢方を飲んでしばらくすると、
立ちくらみが少し楽になりました。

気分的に自律神経失調症だとわかると、他に悪いところがないということなので、
安心することができますが、調子が悪いことには変わりがないので、
とても具合が悪いことが多いのです。



←《前の体験談》子供の頃の家庭環境の悪さが極度のストレスに