妊娠中は不安が増え自律神経失調症の症状も悪化して・・・

女性30代 - koneko3nさん

20代の頃から、たまに痛みで息苦しさを起こすようになりました。
この痛みは決まっており下痢です。中学生の頃から、不安なことがあると
下痢を起こすようになり度々早退を繰り返していました。

下痢による腹痛が余計にパニックになり、この痛みが外出している時であったら
どうしようとか、トイレにすぐ行ける場所かなど考えれば考えるほどパニックになり、
冷や汗が出てきました。

妊娠中、特に症状は悪化し、お腹の赤ちゃんのこともあり不安要素が増え、
倒れたらどうしようなど考えてしまい、さらに、つわりとただでさえお腹が大きい故の
息苦しさも重なり外出するのも一苦労でした。

通っている産婦人科に相談した所、普通のお薬は出せない為、
同じ病院内にある精神内科を薦められました。

診察では家族関係やそのようになった経緯を聞かれ、
リラックスするイメージトレーニングをしました。

辛くなりそうだなと思った時だけ漢方薬を飲み、
子供が生まれてからは気が子供にいき、全く症状はでていません。
何か打ち込むことで、徐々に改善できたのかなと思います。



←《前の体験談》不規則な研究生活と就活でのストレスで